まん延防止等重点措置(まんぼう)と緊急事態宣言の違いとは!?

メディア処
スポンサーリンク

緊急事態宣言とまん防、違いって何なん?自粛要請とか、色んな対策、要請があってよくわからへん。

そうやな。確かにややこしいし、曖昧な部分もあるし、分かりにくいわな。
要はステージ4(現時点で最大)かステージ3で変わってくるんや。

国がステージ4と判断したら緊急事態宣言で、ステージ3ならまん延防止等重点措置ってことか。それぞれの違い説明してくれや。

まん延防止等重点措置(まんぼう)と緊急事態宣言、どういった内容で何が違うの!?と混乱されている方も多いと思います。今回は二つの措置の違いについて簡単に説明していきます。

まん延防止等重点措置と緊急事態宣言の違い

まん延防止等重点措置

ステージ3

原則、区画や市町村単位

・事業者に時短要請。(休業の要請は出来ない)
・住民に対し知事の定める区域・業態にみだりに出入りしないことの要請。
・イベント開催制限等

項目別

発令条件

範囲

措置

緊急事態宣言

ステージ4

原則、都道府県単位

・事業者に時短要請または休業要請。
・住民に外出自粛要請
・イベント開催制限または停止等

両方を比べると、緊急事態宣言より効力が低いのが「まん延防止等重点措置」といったところになるでしょうか。

事業者に対しての命令違反の際の罰金は

・まん延防止等重点措置→20万円以下

・緊急事態宣言→30万

となっています。

そもそもステージとは

感染者数や病床使用率によって変化してくる指標ですね。

現時点で4段階に分けられています。

ステージ1と2は特に指標はなく、曖昧なものになります。

ステージ3が「感染急増」 病床使用率20%以上

ステージ4が「感染爆発」 病床使用率50%以上

yahooニュースより

都道府県、市区によって詳細は要確認

現在まん延防止等重点措置が発令されているのは大阪、兵庫、宮城(※4月8日時点で)

今後他の地域でも発令される可能性はありますし、

各自治体によって呼びかけは違いますので、お住いの地域のホームページ等で確認しなければいけません。

いずれにせよ、国も呼びかけているように、不要不急の外出は控えたほうがよさそうです。

コロナについての私的意見

正直私は、コロナが怖いものなのか未だに分かりません。

陰謀説もありますし、メディアや国はなぜここまで大ごとにしたのか。

勿論、「流行病」「感染力が強い」という事は恐らく事実なのでしょう。

実際に死者も出ています。

ですが、風邪でも死ぬ人は死にます。

なので否定派でも肯定派でもありません。

ただ、

「不安になっている人たちがいる事」

「発病で苦しんでいる人がいる事」

「病死以外にも、不安で自殺、感染した負い目で自殺、職を失って自殺する人がいる事」

「要請に従わなければ罰金を取られる」

「営業停止になる」

「クラスターが発生した際の風評被害」

事実として、こういった現実がある以上、私たちには周りへの配慮が必要不可欠です。

正直私はコロナに感染する恐怖心はそこまでありません。

ただ、自身を介して、他人に感染させること、店に迷惑をかけてしまう事を恐怖に感じます。

マスク、消毒、出来る限りの自粛は、個人に出来る他人へのせめてもの思いやりではないでしょうか。

関連記事

大変な世の中だからこそ伝えたい。今生きている私達に出来る事。

3.11 東日本大震災から10年 今生きている私達にできる事

コメント

タイトルとURLをコピーしました