最強の開運日!一粒万倍日&天赦日とは!?6月15日に期待大

癒し処
スポンサーリンク

6月15日は最強の開運日って言われてるけど、何が最強なんや!?

2021年6月15日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と「天赦日(てんしゃにち)」が重なる最強の開運日なんや!

いちりゅう?てんしゃ?なんやそれ!美味しいんか??

まあ、簡単に言うと、この日にした事はうまくいくってことや。
成功するには勿論努力も必要やけど、運気、見えない力を味方につける事も大切なんや!
昔から人は見えない力に頼ってきた歴史もある。
ざっくりと説明したるからよく読んで勉強するんやな。

お。おお。(なんでゴリラに説明されなあかんねん)

一粒万倍日×天赦日はどんな日?

一粒万倍日・・・「一粒の籾(もみ)をまけば、万倍の籾を持った稲穂になる」という意味があり、自身の言動が万倍になって返ってくると言われる日。

大安に並ぶ縁起の良い日とされていて(大安とは意味合いが異なり、カテゴリーも違います。後に記載)物事を大きく発展させたいことを始めるのに適した日です。
平均して月に4~6日ほどあり、宝くじ売り場でよく、「本日は一粒万倍日」と見かけますよね。

天赦日・・・最上級の吉日 年に5~6回ほどしかない貴重な日(大安や一粒万倍日は月に数回あるので貴重さが分かる)

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

ウィキペディア

つまり、何をするにも適している最強の吉日です。

一粒万倍日と大安の違い

吉日と呼ばれる日も種類はいくつかありますね。よく耳にするのは「大安」ですね。

この日に結婚式を挙げる人も多いです。

一粒万倍日と大安は両方吉日ですが、その違いは暦の分類の違い

大安は「六曜」に分類され

一粒万倍日は「雑注」に分類されます。

ここら辺に関しては、私も頭が混乱してしまうほどややこしいです(笑)昔の人はすごい。

ざっくりいうと、大安は、穏やかに過ごせる日、何をするにも平穏無事に過ごせる吉日

一粒万倍日は、何かを始めると大きくなる日。

ビジネスや投資などに向いているようです。

一粒万倍日にやるべきこと、やるべきではないこと

やるといいとされること

  • 新しい財布を使い始める
  • 宝くじを購入する
  • 銀行の口座を開設する
  • 結婚する
  • 引っ越しする
  • 投資を始める
  • ビジネスを始める
  • ダイエットを始める

とにかく、この日に「スタート」することが実とされています

やらない方がいいとされていること

  • お金を借りる・貸す
  • 入院
  • 別れ、離婚
  • 葬式

「大きく膨れ上がる」という性質上から、ネガティブなことも膨れ上がると考えられているため、上記はよくないとされています。

吉日や凶日は沢山あります。それぞれ意味も異なるし、改めて、昔の人はよく考えたなと感心します。

信じすぎるのもよくありませんが、一つの道しるべとして生活に取り入れるのはありかもしれませんね。

占いにせよ、当たるも八卦当たらぬも八卦。でも「運気」は存在すると思います。

人も運も、全てを味方にして充実した人生を送りたいですね。

皆様にとって今日がいい日になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました