中国の大学で「恋愛心理学」の授業に人が溢れかえりパニック。理由は?すぐに試せる恋愛心理学も記載。

メディア処
スポンサーリンク

中国の大学の「恋愛心理学」の講義がどえらい事になってて話題になってるな。

こんな講義の光景見たことないで・・・窓際に人座ってるやんwww
ところで、ぱなきちはメスゴリラ落とすときにどんな恋愛テクニック使ってるん?

そうやな。「近隣の木に生えてるバナナの中で一番きれいなバナナをあげる」これに限るな。

なるほどな~所詮ゴリラはゴリラか。

中国の大学の「恋愛心理学」の講義に生徒が殺到

こちらは中国 武漢の 武漢大学にて撮影された講義の様子

窓から入った学生もいた!?どゆこと!

いや、窓の外に即席の席作ってもうてる!!!

もう、入りきらずに外まで学生さんが溢れていますね。

こんな講義、私は見たことありません・・・

私は大学生の時心理学部所属でした。思い返してみると、確かに「恋愛心理学」関連の授業は出席率が高かったように感じます。

やはり皆恋愛には興味ありますよね。健全な証拠ですねw

ですが中国で、これだけ恋愛心理学の講義が人気なのは中国の闇が関係しているようです。

武漢大学の恋愛心理学の講義は何故こんなに人気なのか

中国の風習では「若い頃の恋愛」に対して否定的なんだそう。

さらに中国の学園生活では「恋愛は悪いこと」とされていることも関係があるだろう。中国では中高生時代の恋愛を「早恋(ザオリエン)」と呼び、「(唯一大事な)勉強の邪魔になる不良行為」として未だに「禁止」し、若い恋愛の芽を摘んでいる。

【21-003】なぜ愛し合うのは難しくなったの?中国の恋愛受難時代

日本では早い人は中学生から交際する人もいますし、高校生で初めて交際をする人も多いと思います。

中国ではそのくらいの年齢での恋愛は否定的で風当たりが厳しい様子。

更に中国といえば「一人っ子政策」が有名な程、一人っ子家庭が多く、年の近い異性との関りも薄いのが原因の一つではないのでしょうか。

いわば風習、文化によって抑えられていたからこそ、「恋愛に渇望している」し、恋愛について知りたい欲求が強いからこそ、今回のように学生が殺到したのでしょう。

恋心ってのはなあ!抑えられへんもんなんや!!!歯止めなんかきかん!!抑えたって爆発するだけや!!

ッフ。まだまだ若いな・・・おっさん。

すぐに試せる恋愛心理学まとめ

アフィリエイト

さて、ここからは気軽に試せる恋愛心理学についていくつか紹介していきたいと思います。

恋愛に使える心理学 単純接触効果

読んで字のごとく、「会えば会う分だけ好感が持てるようになる」という効果。

学校で同じクラスで良く喋る異性を、気付いたら好きになっていた!という経験ありませんか?

直接対面でコミュニケーションをとる事は、「相手を五感で感じる」ということです。

声フェチの人は、声からあなたを好きになるかもしれません

匂いフェチの人は貴方の匂いから、見た目や雰囲気、相手を全体で感じ取れるのは「対面」でのコミュニケーションしかありません。

勿論、不快な印象を与えてしまう事もあるので、注意しなければいけませんが、

基本的に、余程のことが無い限り、対面でコミュニケーションを取ることによって、距離は近くなります。

※しつこく会おう会おうと誘いまくるのは論外

恋愛に使える心理学 吊り橋効果

こちらは有名でご存じな方も多いと思いますが、例えば「揺れる怖い橋」を意中の異性と一緒に渡り、恐怖心から感じる「ドキドキ」を相手に対するドキドキだと錯覚させる事です。

この効果はお化け屋敷やジェットコースター、心霊スポット等、結構使えるところは多いですよね。

単純接触効果とも被りますが、「五感」で感じる事は大切で、恐怖のドキドキだけでなくとも、楽しい「ワクワク」も同様で、

「この人とだから楽しい」と思わせる事が出来れば有利です。恐怖を感じるような場所や、圧倒的に楽しめる場所、感動できるスポットなど、「感情が動きやすい場所」に二人でいく事も大切です。

恋愛に使える心理学 自己開示

自己開示とは、文字通り、自身の事を相手に開示することです。

自己開示にもテクニックがあります。

勿論、「自慢話」や「武勇伝」はあまりしない方がいいですが、

適度かつ、「相互的な自己開示」は相手との距離を縮めます。

自分の話ばかりにならないよう、相手の話も聞いて、お互いに自己開示が出来る関係性を創ってください。

これはビジネスにおいての営業でも有効な手段ですが「貴方だけに話す」「こんな話他の人にはできない

魔法の言葉を付け加えるだけで、相手は「自分は特別な存在なんだ」と感じる事が出来ます。

自己開示によって、自分の事も知ってもらえて、相手の承認欲求も満たすことが出来ます。

依存度高 相手を依存させる方法

これも、ある程度親密な関係になってから有効な手段ですが、

メールより電話をする方が効果的なのはよく聞く話。

電話をするタイミングで、相手を依存させる奇跡的なタイミングがあります。

それが、「寝る時」です。

寝落ち電話は正直かなりオススメ。

「一人で寝るの寂しいから、電話しながら寝ようよ」

これでオッケーを貰ったらかなりチャンス。

寝る時は無防備になっていますし、あまり覚えていないようで、実は心の奥に残るんです。

寝落ち電話を何回か続けていたら、そのうち貴方の声を聞かないと落ち着いて寝れないようになるかもしれません。

1日の終わり、寝る時に聞く声、その人の事は無意識で気にするようになります。

ホストに学ぶ 恋愛心理学 

「一緒にいない時に、相手に自分を気にさせる事が大切」

元ホストの友人から聞いた恋愛のテクニックです。

これは所謂駆け引きなので諸刃の剣ですが、

「相手も自分に多少なりとも好意を抱いている」場合に有効です。

意中の相手にはどうしても気持ちが前のめりになってしまい、早い進展を望んでしまいますよね。

でもそこで「一歩引いて余裕を見せる」事で、「貴重感」を感じさせるのです。

「この人、もしかしたら他にいい感じの人がいるのかな?」

「もしかしたら、私に興味ない?」

と、思わせる事で、相手は自分の事を考える時間が多くなります。

関わっていない時間に自分の事を考えてくれればこちらのもの

一緒にいる時や、line、通話をしてる時に相手を意識するのは当然ですが、

関わっていない時間に意識させることも大事。

好きな人からの返信が遅かったら、「なんでだろう」「早く来ないかな」と気になりますよね。

色んな妄想が膨らみ、それで「好きなんだ!!」と確信することもあります。

相手にそう思わせることが出来たら、後は進展も早い。

わざと返信を遅らせてみたり、あえて会う催促をこちらからせずに待ってみたり、

「最初は押す!途中で少し引く!」

これもテクニックの一つです。

恋愛心理学よりも大切な事

冒頭で記述した通り、私は大学生の時心理学部で心理学を学んでいました。

4年間心理学を学んで思ったことは「人の心に正解なんてない

という事です。

確かに心理学は生きる上での道しるべにはなります。

勿論知らないより知っていた方がいいと思います。

でも想像してみてください。

恋愛の行きつく先はパートナーとの「結婚」ですよね。

結婚して家族になって、「恋愛心理学」とか意識しますかね?

しんどくないですか?ありのままの二人で居たいですよね。

勿論、親しき中にも礼儀ありで、お互い、いつまでもドキドキし合える関係が理想です。

でも一番大切なことは、「相手の心に寄り添う事」「二人の心を二人で創り埋め合う事」ではないでしょうか。

他の誰でもありません。

その他大勢の100人よりも、目の前の大切なパートナーの心を理解し、足りないパーツを埋めてあげる。

それをお互いにし合う。

人の心は100人いれば100人違います。心の形はそれぞれです。

相手の足りない心のパーツを、貴方の心の一部で埋められるかもしれません。

心は一人では決して完成しません

心理学も当てはまる人もいれば、そうでない人もいます。

心理学の本を100冊読むよりも、パートナーとの時間を1秒でも多く過ごした方がきっと相手の事を理解できます。

今は調べたらなんでも出てくる便利な世の中です。

無論、正しい情報も、間違った情報も。

でも、大切な誰かの考えてることなんて調べても出てきませんよね?

私達は、便利な世の中からこそ、どうしても楽をしたがります。

ですが本来、人との絆を作り上げる事はテストで100点を取るよりも難しい事なんです。

でも、だからこそ分かり合えた時は「感動」するし、幸福感があります。

人の心は素敵ですよね。

貴方が素晴らしい恋愛を出来ますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました